こころ次第で糖尿病は治せる

うつ病だと糖尿病になりやすく、悪化しやすい

糖尿病は日本人の10人に1人がかっているといわれる国民的生活習慣病です。

一度かかると治療は難しいと言われる糖尿病ですが、それでもあなたの「こころ」次第で治すことができるってご存知でしたか?

実はうつ病の人は糖尿病になりやすく、悪化しやすいと言われているのです。

うつ病があると、何事につけてもやる気が低下。運動不足になってしまいます。さらに、食事のコントロールも怠りがちになるとともに喫煙量や飲酒量も増すことで、糖尿病になりやすくなってしまうのです。

また、うつ病の人は検査で血糖値が高いことが判明しても積極的に治療を受けようとしたがらず、糖尿病になっても治療を受けようとしない人が半数以上もいると言われています。糖尿病が悪化すると網膜症などの合併症を併発して失明に至る恐れさえあります。そんな事態を防ぎたければ、血糖値を管理するために生活習慣を改善しなければなりませんが、うつ病の人はそうした自己管理が苦手な傾向があるのです。

まずは患者の「こころ」を整えることから

一方、糖尿病が原因でうつ病になるケースも多く、糖尿病患者の約3割はうつ症状を持っているといわれます。その理由は、血糖値を管理するために食事をはじめとする生活習慣を厳しく制限されることによるストレスだと考えられています。

糖尿病患者がうつ病を併発すると、ますます生活習慣の管理が難しくなって、血糖値が上昇。糖尿病がさらに悪化してしまいます。こうしたことで糖尿病とうつ病の両方を患っている患者は、網膜症などの合併症を引き起こしやすくなるという調査結果もあり、死亡率も上昇してしまいます。

糖尿病の予防や治療は、お医者さんがいくら頑張っても患者さんの心が整わないと不可能です。患者さんがうつ病を患っている場合はもちろんその前段階の場合も、糖尿病や高血糖になってしまったことよる恐れや不安、落ち込みなどに患者さんは苛まれています。

まずはそうしたマイナスの気持ちを患者さんに改善してもらい、糖尿病治療への理解を深めて、治療に対するこころの準備をしてもらうことで、はじめて糖尿病の治療や改善が可能となるのです。