「幸福」と感じる脳神経基盤を解明

幸福を感じる人は脳の一部が大きかった

京都大学の佐藤弥医学研究科特定准教授らの研究グループは、ヒトが幸福と感じる脳の神経基盤について、脳右半球の「楔前部」の灰白質の体積と主観的幸福が正比例することを世界で初めてつきとめ、研究成果を英国科学誌「Scientific Reports」(2015年11月20日電子版)に掲載ました。

これまでの心理学研究では、主観的に感じる幸福が質問紙によって計測できること、感情成分(快を多く、不快を少なく感じること)と認知成分(人生をよいものと評価すること)から構成されていることなどが明らかになっています。

一方、主観的な幸福が感じられる脳内の神経基盤が分かれば、主観的な幸福を客観的に調べることができ、幸福が生み出されるメカニズムについての手がかりも得られはずですが、そうした神経基盤はこれまで明かになっていませんでした。

ポジティブ思考の人もこの領域が大きい

こうした主観的な幸福の神経基盤について、同研究グループは成人を対象に磁気共鳴画像(MRI)で脳の構造(神経細胞の存在する灰白質の体積)を計測するとともに、質問紙を使って幸福度を調査。脳構造と質問紙評定とを比較・解析しました。

その結果、脳の右半球の楔前部(頭頂葉の内側面にある領域)の灰白質体積と主観的幸福の間に正比例の関係があることが分かりました。これはより強く幸福を感じる人はこの領域が大きいことを意味しています。

また、同じ楔前部の領域が快感情強度、不快感情強度、人生の目的の統合指標等と関係することも分かり、ポジティブな感情を強く、ネガティブな感情を弱く感じ、人生の意味を見出しやすい人は、この領域が大きいことが示唆されました。

今回の研究の結果、幸福は脳の楔前部で感情的・認知的な情報が統合されて生み出される主観的経験であることが示唆され、幸福という主観的経験を客観的・科学的に調べることができる可能性が示唆されたのです。

これまでに瞑想トレーニングによって楔前部の体積を変えることができることが明らかになっていることから、科学的データに裏打ちされた幸福増進プログラム作成なども期待されています。