腰痛患者2800万人の8割が原因不明。原因はストレス?

なかなか治らない慢性腰痛が蔓延

わが国の腰痛患者数は2800万人とも言われ、病院や整骨院は慢性的な腰の痛みを訴える人で溢れかえっています。

腰痛は、重い物を持ったり、長時間立ちっぱなしだったり、きつい仕事をしたり、不自然な姿勢を保ったり、長い距離を歩いたりなどといった、さまざまな肉体的ストレスをきっかけに起こります。さらに、冷え、気温や気圧の変化などの環境の変化も腰痛のきっかけとなり、寒い日や雨模様の日などになると腰の痛みを感じる人は少なくありません。

しかし、実はこうした腰痛患者の8割はきっかけになる出来事は分かっても、根本的な痛みの原因については不明だといいます。病院でいくら調べても、8割以上はたしかな痛みの原因が特定できないというのです。とくに慢性の腰痛には原因が特定できないものが多く、いつまで経っても痛みの引かない慢性の腰痛に苦しむ人は中高年はもちろん若年者まで広がっています。

ストレスで腰が痛くなるメカニズムとは

そんな中、腰痛に精神的なストレスがかかわっているのではないかということが近年明らかになってきました。

わたしたちの体は意識しないでも「自律神経」という神経が日夜生命活動を営んでくれています。自律神経は交感神経と副交感神経からなっていますが、ストレスを感じると、このうちの交感神経が優位になって心身が緊張します。

そして、この際に筋肉も緊張して硬くなることで、筋肉のこりにつながってしまうのです。さらに、血管も緊張して収縮するため、全身で血行不良が生じてしまいます。その結果、細胞に必要な酸素や栄養の供給に支障が生じて、細胞の働きが衰えたり、細胞から老廃物を回収する働きも鈍って、体内に有害物質が蓄積してしまいます。

こうしたメカニズムのために、日常生活でストレスが続くと、交感神経の緊張がいつまでも続くことで、筋肉のこりや血管の収縮状態が慢性化してしまいます。そして、腰のこりや、細胞の働きの低下による有害物質の蓄積が進行。腰がこったり痛んだりする原因になってしまうのです。

さらに、腰の違和感から腰のことが気になってしまうことで、腰を司る交感神経がさらに緊張してしまいます。その結果、腰の筋肉や血管が再び収縮して血行がさらに悪化。有害物質が蓄積して、ますます腰が痛くなるという悪循環に陥ってしまうのです。