平日5日間の睡眠不足が抑うつリスクを

睡眠不足で体調不良や精神への悪影響が

国立精神・神経医療研究センターの研究グループは、睡眠不足が不安や抑うつを引き起こす神経のメカニズムを解明したと発表しました。近年多くの日本人が慢性的な睡眠不足に陥っていると指摘されていますが、睡眠不足が続くとニキビや肌荒れ、めまい、吐き気、頭痛などの体調不良はもちろん、作業能力や記憶力の低下、注意力散漫などを引き起こし、予期せぬ事故や過失の原因になってしまいます。さらに、睡眠不足は精神にも悪影響を与え、不安や抑うつ、自信喪失、暴力的言動などの症状を引き起こします。

しかし、これまで睡眠不足がこれらの症状を引き起こす神経のメカニズムの詳細は明らかになっていませんでした。そこで今回、研究グループは成人男性14名に平日期間に相当する5日間にわたって平均睡眠時間を約4時間半に抑えてもらう実験を行いました。そして、不安や抑うつの強さなどにくわえて、人の幸せな表情や恐怖の表情の写真を見たときの脳の活動を機能的磁気共鳴画像(fMRI)で測定。同じグループの平均睡眠時間約8時間の結果と比較しました。

脳の活動が亢進して不安やうつを

実験の結果、平均睡眠時間約4時間半の場合は恐怖の表情の写真を見たときに情動を司る脳の扁桃体の活動量が増大。一方、幸せな表情の写真を見たときや平均睡眠時間約8時間の場合は変化がありませんでした。

こうした実験結果により、睡眠不足の際に恐怖の表情のような不快な感情的刺激を受けると、扁桃体が過剰に反応してその活動が活発化。不安や抑うつを生じやすくなることが推論されます。

これまでの研究でうつ病などの患者においては、扁桃体とその過剰反応を抑制する脳の腹側前帯状皮質の機能的結合が低下することが分かっていますが、実験ではうつ病患者ではない健康人においても、平日期間に相当する5日間の睡眠不足によって二つの部位の機能的結合が低下することも明らかになりました。

今回の実験によって、わずか5日間の睡眠不足でも不安や抑うつを引き起こすリスクが高まることが明らかになったことで、さらに長期間の睡眠不足ではうつ病などの精神障害の危険性が高まることが懸念されています。