ストレスが脳神経細胞を障害

うつ病の原因はストレスによる脳神経細胞障害

近年ストレスを原因とするうつ病などの精神障害患者が急増し、深刻な社会問題になっています。そうした精神障害の原因としては、情報伝達に関わる脳神経細胞のストレスによる障害が注目されており、そのメカニズムの解明が切望されています。

脳神経細胞の末端部分はこぶ状の「シナプス」と呼ばれ、神経細胞内を伝わってきた電気信号がそこで化学信号である「神経伝達物質」に変換され、隣の神経細胞とのすき間に分泌されて、情報が伝達されます。

うつ病などの精神障害の原因の一つは、ストレスがこのシナプスの形成に障害を起こすためだということは分っていましたが、その分子面でのメカニズムについてはこれまで明らかになっていませんでした。その分子メカニズムを最近岩手医大医歯薬総合研究所のグループが初めて解明。その成果をアメリカの科学誌に発表しました。

うつ病などの新治療法や新薬開発に期待が

同研究所のラットを使った実験では、神経細胞の形態を調節するタンパク質「カルデスモン」が神経細胞の骨組みを作るタンパク質「繊維状アクチン」を安定化させることで、シナプスの形成を促進することが明らかになりました。

さらに実験では、ストレスがシナプス形成に障害を起こす分子メカニズムとして、ストレスホルモンである「グルココルチコイド」の濃度を高めると、細胞内のカルデスモンの発現が抑制されるとともに繊維状アクチンも不安定化して、シナプス形成の障害となるというメカニズムも解明されました。

今回の実験によって、脳内のカルデスモンや繊維状アクチン、グルココルチコイドなどの物質がストレスによるシナプス形成障害を引き起こすメカニズムが明らかになったことで、こうしたメカニズムを利用したうつ病やPTSD(心的外傷後ストレス障害)などの新治療法や新薬の開発につながるのではないかと期待されています。