厳冬の就職難で「就活うつ」が増加

うつ病社員の復帰の切り札になるか

心の病による長期休職者の増加にともない、人事院ではうつ病などの精神疾患で長期休職中の国家公務員の職場復帰支援策として、正式復職の前に試験的に働く「試し出勤」制度を導入しています。

試し出勤とは、うつ病をはじめとする心の病で長期休職していた社員が、職場復帰前に試運転のための出勤をする制度で、「リハビリ出勤」や「慣らし出勤」などとも呼ばれています。

うつ病などの心の病は再発しやすい傾向があり、長期休職していた患者が「もう大丈夫」と職場復帰しても、うつが再発して再び休職に追い込まれてしまうというケースも珍しくありません。多くは早すぎる復帰が原因で、本人は大丈夫だと思っても仕事が完全にこなせるほどには回復していないことが多々あるのです。ようやく職場復帰できたと本人や周囲が喜んだ末の再発は、本人はもちろん周囲の人々にも大きなショックを与えることになります。

社内制度として導入する企業が増加中

こうした事態を防ぐために考え出されたのが「試し出勤」です。

試し出勤は、心の病で長期休職していた社員が正式職場復帰前の1カ月間程度、仕事や職場に慣れたり、通勤する体力をつけるために短い時間あるいは日を置いて出社。少しずつ勤務時間や日数を増やしてゆくことで仕事や職場に慣れていく制度です。これにより早すぎる復帰が引き起こすトラブルを防いで円滑な職場復帰を実現することができ、長期休職社員の職場復帰の有効な支援策として導入する企業が年々増えています。

一方、試し出勤の運用にあたってはいくつかの問題も指摘されています。とくに人事面での問題として、試し出勤を勤務扱いにして給与を支払うのか、万一事故などが起こった場合は労災が適用されるのかなどの規定があいまいなままであることが多いのです。試し出勤をした後のどの時点で職場復職を認めるかの判断も難しい問題でしょう。

こうした規定をあいまいにしたままで試し出勤を始めるのは後の問題に発展する危険性があります。そのため、これらの問題についてあらかじめきちんとした社内規定を作ったうえで、その規定にしたがって試し出勤制度を運用してゆくことが求められているのです。