「冬のうつ病」にご注意

冬が近づくと、なぜか「うつ」に

空が暗さを増し、木枯らしが吹きはじめる晩秋から冬場にかけては、ついつい心も暗くなる季節です。

なにもしたくないほど無気力になったり、眠気にさいなまれたり、逆に食欲が異常に増して太り出したりするようになったら注意が必要です。

うつ病には、ある一定の季節にだけ症状が現れ、季節が終わると嘘のように症状が消えてしまうものがあり、「季節性うつ病」と呼ばれています。そのほとんどは晩秋から冬場にかけて症状の現れる「冬季性うつ病」と言われています。冬場に日の光が弱まることで気分が落ち込むのは誰にもあることですが、冬季性うつ病の場合は日常生活に支障をきたすほど症状が現れる点で大きく異なります。

冬季うつ病の代表的症状としては、無気力、眠気、食欲増加、体重増加などがあり、一度発症すると毎年冬場にこれらの症状を発症するようになります。

冬場は他の季節に比べて日照時間が短く、中でも雪や曇りの日の多い東北や北陸などの北国では暗く憂うつな日々が続くため、冬季うつ病を患う患者、とくに20~30代の女性患者が目立ちます。

日照時間によるホルモン変化が原因

太陽の光には体内時計と関わりの深い眠気を誘う脳内ホルモン「メラトニン」の分泌を減らして、気分を高める「セロトニン」を増加させる作用があります。このため、日照時間が短い冬場になるとメラトニンの分泌が増え、セロトニンの分泌が減ってしまうことで、体内時計が狂って精神面のバランスを崩すと考えられているのです。冬季うつ病の原因は、冬場の日照時間の短さと考えられています。

冬季うつ病の治療には、専用の照射装置を使って人工光を患者に照射する「高照度光療法」が有効です。人工光で太陽の日照量の減少分を補うことで、脳内ホルモンのバランスを整え、うつ症状を軽減させることができるのです。また、症状自体に対する治療としては、うつ病に使う抗うつ薬などの薬物療法や、認知行動療法などの心理療法も効果があります。

冬季うつ病に対する日常療法としては、不足がちなセロトニンの元となるトリプトファンを豊富に含むレバー、肉、魚、乳製品、大豆、ナッツ、卵などの食品を多く食べるのも症状の改善に役立ちます。また、日頃から早寝早起きを心がけ、太陽の当たる時間帯を外で過ごす時間を増やすことで、少しでも多く太陽の光を浴びるようにこころがけてください。