そろそろ五月病の季節。あなたは大丈夫?

五月病がつのると、心の病に

就職、進学、転勤など、なにかと環境の変化の多い4月。新しい職場や学校で、期待に胸を脹らませて新生活を始めた方も多いのではないでしょうか?

ところが、新しい環境に順応しようと全力で駆け抜けた最初の1ヶ月が過ぎ、連休が明ける頃になると、ふと理由のない無気力感に襲われ、突然仕事や勉強への意欲を失ってしまう人がいます。ご存知「五月病」、専門用語で「アパシー」(無気力症)と呼ばれる心の病です。

初期のアパシーである五月病は、多くの人にとっては一時的スランプに過ぎません。しばらくすると無気力感も消え、再び元気に仕事や勉強に打ち込める人がほとんどです。しかし、中には無気力感が次第につのって、ついには仕事や人間関係、果ては生きることにさえ興味を失い、通勤や通学を拒否して引きこもってしまう人もいます。

五月病、すなわちアパシーはうつ病などの心の病や、認知症や脳梗塞などの深刻な疾患の初期症状である恐れもあるので、「時間が経てば、治るさ」などと軽く見てはいけないのです。

リラックスしてストレスを解消

アパシーの症状としては、五月病に代表される初期のものはほとんどが一過性ですが、症状が進むと、無気力感がつのって、うつ病などの心の病へと進行します。こうした症状の悪化を防ぐには、初期の段階で自分がアパシーであることを自覚し、早めに対策をたてなければなりません。

アパシーの主な原因は、環境の変化が引き起こす精神的ストレスに対する心的反応です。したがって、アパシーを治療するためには、その原因である精神的ストレスを緩和してやる必要があります。ストレスを和げるには、入浴やマッサージ、ヨガなどのリラックス療法。精神を安定させる神経伝達物質セロトニンの分泌を促すビタミンBや睡眠を導くメラトニンホルモンの原料となるトリプトファンなどを含む食品を多めに摂取する食事療法などが効果的です。

一方、アパシーの予防には、激しい環境の変化があるときは、意識的にストレスをためないように心がけてください。ジョギングなどの軽めのスポーツや、釣りやカラオケなどの趣味、散歩、映画、ショッピングなどを楽しむのもストレスの解消に効果的です。