春はお風呂でリラックス

4月26日は「よい風呂の日」

4月26日は「よい(4)ふ(2)ろ(6)」の語呂合せにちなんだ「よい風呂の日」。あなたもたまにはゆっくりお風呂に入って、疲れた体や心をリラックスしてみてはいかがですか?

入浴はわたしたちにさまざまな健康効果をもたらしてくれます。たとえば体が温まる温熱効果やお湯の圧力による水圧効果で、血行やリンパの循環を促進。新陳代謝が向上して、心身の疲労を取り去ることができます。さらに、入浴はお湯の浮力による浮力効果で心身の緊張を和らげ、リラックス効果ももたらしてくれます。

お風呂でリラックスするためには、お湯の温度はややぬるめの40度前後がよいでしょう。ぬるめのお湯にゆっくり浸かることで、緊張した神経をリラックスさせてください。とくに疲れているときなどは、体への負担が少ない半身浴がおすすめ。全身浴ほどエネルギーを使わずにリラックス効果をえることができます。

入浴後はかならず水分補給を

お風呂の入り方にも注意してください。とくに食事や飲酒の直後は、消化不良や血圧上昇などを招く危険があるため、入浴はなるべく避けましょう。

また、高血圧、心疾患、高齢などの人が熱すぎるお湯に入ると、急激な温度変化で血管が収縮して血圧が急上昇。心不全や脳卒中などの発作を招く恐れがあります。こうした人は、心臓の負担が少ないぬるめのお湯に時間をかけて入浴するほうが安心でしょう。

一方、低血圧の人も入浴後に血圧が急低下して貧血を起こす恐れがあります。ぬるま湯の半身浴がおすすめですが、風呂屋などで熱いお湯に入らなければならない場合は、入浴時間を短く。湯船から出る際は急激な温度変化を避けるため、ゆっくりと出るようにこころがけてください。

また、入浴をすると、体内の水分が不足して血液が濃くなってしまいます。血管がつまって動脈硬化などの原因となるので、入浴後はかならず水分を補給するようにしましょう。