G-Pネットが「精神科医への紹介状」をネット公開

大阪の「一般医−精神科医ネットワーク(G-Pネット)」が、精神科以外の医師から精神科医にうつ病などの患者を紹介する際の「一般医から精神科医への診療情報提供書 」と精神科医からの返書「精神科医から一般医への診療情報提供書(返書)」のフォームを作成し、インターネット上で公開した。これは、精神科医の負担を軽減できるフォームにしたのが特徴だ。

国は、問題になっている自殺につながるようなうつ病患者をなるべく早く一般医で見つけ出し、 速やかに精神科医につなげるための施策として、2008年4月から精神科以外の医師が、精神科医に受診予約の取れた患者さんの紹介状を作成した場合には、 診療報酬として200点(2000円)加算とした。

しかし、現実には多くの精神科外来では新規予約を取ることも困難で、 その上、加算点数を算定できるのはプライマリケア医だけで、受け入れ側の精神科医には点数が付かないこの施策には批判的な意見も多くある。

そこで、多忙な精神科医に、プライマリケア医がどう患者を紹介したら連携が円滑に進むかという観点から、G-Pネットでは精神科医がなるべく要領よく診療できるための“精神科医が知りたい情報を盛り込んだフォーム”を作成しWEB上で公開し、ダウンロードして利用できるようにした。

※一般医からの精神科医への紹介状 と 精神科医から一般医への紹介状に関して
 「一般医から精神科医への診療情報提供書」 Word・PDFファイル
 「精神科医から一般医への診療情報提供書(返書)」Excel・PDFファイル
 がダウンロードできます。
 http://www.gp-network.jp/teikyousho.html