精神障害300万人を超す 社会のストレス増の影響か 07年版白書

政府は15日午前の閣議で、2007年版障害者白書を決定した。精神障害を持つ人の数は05年に約303万人となり、02年から約45万人増で、初めて300万人を上回っていたことが分かった。

疾患別では、そううつ病などの「気分(感情)障害」が33.3%で最も多かった。高齢化に伴うアルツハイマー病の増加も精神障害の急増の原因になっている。

精神障害を持つ人のうち、在宅(通院)は02年から44万人増えて約268万人に、施設入所は1万人増えて約35万人になった。白書をまとめた内閣府は、「現代社会のストレスの増加や、心療内科の増加などで気軽に医療機関を受診できるようになったのが要因ではないか」と見ている。

参考図表:種類別障害者数の推移(精神障害者・在宅)障害者白書07年版より引用
種類別障害者数の推移(精神障害者・在宅)障害者白書07年版より引用
(出典:内閣府ホームページ)