メンタルヘルスの法知識

企業の健康配慮義務とメンタルヘルスの体制づくり

厚生労働省が発表した「平成13年度メンタルヘルス指針推進モデル事業場事例集」には、「メンタルヘルス指針推進チェックリスト」が掲載されています。

メンタルヘルスの体制づくりが進んでいるかどうかを確認するために役立つので参考にしてみて下さい

1. 心の健康づくり計画

(1) 従業員の心の健康に関する実態が把握されているか。 ○ ×
→具体的には?
例)無記名の調査を実施している。
(2) メンタルヘルスケアに関する事項が年間計画に盛り込まれているか。 ○ ×
→具体的には?
例)課長格に対して、部下管理の教育予定が立てられている。
(3) メンタルヘルスケアに関する取り組みが事業所の活動方針に盛り込まれ、中長期的な活動として扱われているか。 ○ ×
→具体的には?
例)毎年新任の管理職には教育が行われている。
(4) メンタルヘルスケアの実施に必要な組織づくりがなされているか。(中心的な役割を果たしていく部署が明確になっているか。) ○ ×
→具体的には?
例)職場のストレス評価グループ、相談窓口などが定められている。
産業保健スタッフと人事担当者との連携システムがある。
(5) メンタルヘルスケアの実施に必要な組織づくりがなされているか。(中心的な役割を果たしていく部署が明確になっているか。) ○ ×
→具体的には?
例)職場のストレス評価グループ、相談窓口などが定められている。
産業保健スタッフと人事担当者との連携システムがある。
(6) 事業場(事業者)のメンタルヘルスケアに関する考え方、活動の概要が従業員に周知されているか。 ○ ×
→具体的には?
例)社内報に掲載した。
(7) 計画の実施状況が確認・評価され、それに応じた計画見直しの仕組みができているか ○ ×
→具体的には?
例)衛生委員会で年度末に報告されている。

※表について

  1. この表をプリントして、チェックシートとしてご活用ください。
  2. それぞれの項目の[   ]のなかには、例示を参考にご自身の組織で行なわれている内容をご記入ください。