メンタルヘルスの法知識

企業の健康配慮義務とメンタルヘルスの体制づくり

職場のメンタルヘルスの担い手は、「職場のメンタルヘルス 4つのケア」の項目で挙げた通り、労働者本人・管理監督者(上司)・事業場内産業保健スタッフの3者です。その中で、特に事業場内産業保健スタッフは、労働者の健康を一手に担う使命があります。

メンタルヘルス指針によれば、事業場内産業保健スタッフの果たすべき役割は、下記の通りになります。

1. 職場環境等の改善

事業場内産業保健スタッフは、職場巡視による観察、職場上司及び労働者からの聞き取り調査、ストレスに関する調査票による調査などにより、定期的に、または必要に応じて、職場内のストレス要因を把握し、評価するが求められます。

また、職場環境等の評価結果に基づいて、管理監督者に対してその改善を助言するとともに、管理監督者と協力しながらの改善を図るよう努めることも必要でしょう。

2. 労働者に対する相談対応等

管理監督者(上司)と協力したり、職場環境に関するチェックリストを使用することなどによって、労働者のストレスや心の健康問題を把握し、労働者の気づきを促して、保健指導、健康相談などを行うことが求められます。

また、専門的な治療が必要と考えられる労働者に対しては、その意思に配慮しつつ、適切な事業場外資源を紹介し、必要な治療を受けることを助言することも必要です。労働者の職場復帰支援も求められています。

3. ネットワークの形成及び維持

事業場内産業保健スタッフは、専門的知識を有するため、事業場と事業場外資源とのネットワークの形成及び維持に中心的な役割を担うべきでしょう。

●産業医

産業医とは、日本医師会による労働衛生に関する専門の研修を修了するなど、労働者の健康管理を行うのに必要な高度の医学的知識を持つ医師のことです。

メンタルヘルス指針には、以下のように産業医の役割を明記しています。

産業医は、職場環境等の維持管理、健康教育・健康相談その他労働者の健康の保持増進を図るための措置のうち、医学的専門知識を必要とするものを行うという面から、事業場の心の健康づくり計画に基づく対策の実施状況を把握する。

また、専門的な立場から、セルフケア及びラインによるケアを支援し、教育研修の企画及び実施、情報の収集及び提供、助言及び指導等を行う。就業上の配慮が必要な場合には、事業者に必要な意見を述べる。専門的な相談・治療が必要な事例については、事業場外資源との連絡調整に、専門的な立場から関わる。

●衛生管理者

衛生管埋者とは、労働安全衛生法に基づく国家資格で、職場における労働者の健康管理確保、快適な職場環境づくりを立案・実施します。
アルバイト・パートタイムの勤務を含み、常時50人以上の労働者を使用する事業場では、事業規模に応じた人数の衛生管理者を専任しなければなりません。

メンタルヘルス指針には、以下のように衛生管理者の役割を明記しています。

衛生管理者等は、事業場の心の健康づくり計画に基づき、産業医等の助言、指導等を踏まえて、具体的な教育研修の企画及び実施、職場環境等の評価と改善、心の健康に関する相談ができる雰囲気や体制づくりを行う。またセルフケア及びラインによるケアを支援し、その実施状況を把握するとともに産業医等と連携しながら事業場外資源との連絡調整に当たる。

●看護師/保健師

看護師/保健師とは、保健師助産師看護師法で、厚生労働大臣の免許を受けて,保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者とされています。働いている保健師のほとんどが、地方公務員になりますが、一般企業で働く従業員の健康管理を行っている保健師もいます。

メンタルヘルス指針には、以下のように看護師/保健師の役割を明記しています。

衛生管理者以外の保健婦・士等は、産業医等及び衛生管理者等と協力しながらセルフケア及びラインによるケアを支援し、労働者及び管理監督者からの相談に対応するほか、必要な教育研修を企画・実施する。

●心の専門家

心の専門家とは、メンタルヘルス指針における「心の健康づくり専門スタッフ」を示し、心理相談担当者、産業カウンセラー、臨床心理士、精神科医、心療内科医などが該当します。精神の健康・病に関する専門家です。

メンタルヘルス指針には、以下のように心の健康づくり専門スタッフの役割を明記しています。

事業場内に心の健康づくり専門スタッフがいる場合には、これらの専門スタッフは他の事業場内産業保健スタッフ等と協力しながら、職場環境等の評価と改善、教育研修、相談等に当たる。

●人事労務スタッフ

事業場内のメンタルヘルスでは、人事労務スタッフの役割も大切になります。
事業場外の専門家の視点から見ると、メンタルヘルスへの貢献度に関して人事労務管理スタッフに高い評価がなされています。
人事労務スタッフが積極的にメンタルヘルス対策に取り組むことが、事業場内の活性化・生産性の向上、さらにメンタルヘルス不全に起因する自殺など、事業場のリスクマネジメントのために高度の貢献を果たすことが報告されています。

メンタルヘルス指針には、以下のように人事労務管理スタッフの役割を明記しています。

人事労務管理スタッフは、管理監督者だけでは解決できない職場配置、人事異動、職場の組織等の人事労務管理上のシステムが心の健康に及ぼしている具体的な影響を把握し、労働時間等の労働条件の改善及び適正配置に配慮する。