メンタルヘルスの法知識

精神障害の労災認定の流れ

精神障害の労災認定は、「対象疾病に該当する精神障害を発病していること」がその要件となっています。

わざわざ、対象疾病の発症を要件としてあげているのは、自殺の場合には、事前に精神科医などの診断を受けていないケースが見うけられるからです。

対象疾病発症の診断には、ICD-10診断ガイドラインが用いられます。
ICD-10の第五章「精神および行動の障害」分類には、F0からF9までの分類が挙げられていますが、業務関連疾病としてあらわれるのは主にF0からF4にあたる病気です。

F0 症状性を含む器質性精神障害
F1 精神作用物質使用による精神および行動の障害
F2 統合失調症(精神分裂病)、分裂病型障害および妄想性障害
F3 気分[感情]障害
F4 神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害

例えば、うつ病はF3の感情障害のひとつです。また皇太子妃で有名になった適応障害はF4に分類されます。

なお頭部の外傷や一酸化炭素中毒、有機溶剤中毒など脳の損傷などによって起こる精神障害(器質性精神障害)については、まず器質の傷害と業務との関連を検討し、その後に併合した精神傷害として検討されるという形になっています。

※ICDとは世界保健機構(WHO)の憲章に基づいて規定された国際疾病分類のこと。