薬物療法は薬物によって精神疾患の治療を計る治療法のことをいいます。
心理的な手段を用いた精神療法や身体に物理的に働きかける身体療法などに対し、薬物療法では、薬物を用いて精神症状の軽減を計ります。精神疾患の多くは脳内の神経伝達物質が異常を起こすことによって発症しており、薬物療法では薬物によってこうした神経伝達物質の異常を正常に戻すことで、精神症状の軽減を行います。とくに統合失調症や躁うつ病や神経症などといったこころの病気では、薬物療法は精神療法とともに治療の重要な一翼を担っており、現在ではほとんどのこころの病気の治療に薬物療法が使用されているといっても過言ではありません。

こうした薬物療法に用いられる薬剤にはさまざまな種類があります。そのうち代表的なものとしては不安などの症状に対して使用される抗不安剤、抑うつの症状に対して使用される抗うつ剤などに加えて、興奮などの症状に対して使用される抗精神病剤、不眠などの症状に対して使用される催眠剤。さらに、躁病などの症状に対して使用される気分安定剤、てんかんに対して使用される抗てんかん剤、痴呆に対して使用される抗痴呆剤などがあり、それぞれの病状に合わせて使用されています。

上記のような医学理論に基づいた正規の薬剤に代わるものとして、漢方薬や民間薬などに加え、ハーブと呼ばれる各種薬草や、サプリメントと呼ばれる栄養補助剤なども一定の効果を挙げています。


薬物療法に使用される薬剤としては、抗不安剤ではベンゾジアゼピン系のアルプロゾラムやタンドスピロンなどがその代表で、不安や緊張などといった症状を軽減してくれます。
抗うつ剤では、神経伝達物質の作用を抑える三環系抗うつ剤や四環系抗うつ剤などに加え、セロトニンの働きを抑えるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)が近年大きな効果を挙げており、これらは抗不安剤としてもよく使われています。

抗精神病剤としては、ハロペリドールやリスペリドン、オランザピン、脳内の血液の流れを改善して脳細胞の代謝を促進する脳循環改善薬などがあり、興奮などの症状を抑制してくれます。一方、痴呆薬としてはアルツハイマー病治療薬であるドネペジルなどがよく使用されています。

また、睡眠を助ける催眠剤の代表的なものとしてはベンゾジアゼピン系、バルビツール系、非バルビツール系などといった催眠剤があり、ゾピクロン、プロチゾラム、トリアゾラムなどの薬剤がそれぞれの睡眠障害のタイプによって適用されています。躁病などに対する気分安定剤としては炭酸リチウムなどが効果を挙げています。

漢方薬としては風邪の症状を抑える葛根湯が有名で、ハーブではセントジョーンズワートの気分安定効果が報告されています。また、サプリメントとしては各種ビタミンを始め、催眠効果のあるメラトニンなどが有名となっています。
ちなみに各障害に対する詳しい薬剤療法については、それぞれの項を参照してください。


薬物療法に使用される薬剤としては、抗不安剤ではベンゾジアゼピン系のアルプロゾラムやタンドスピロンなどがその代表で、不安や緊張などといった症状を軽減してくれます。

抗うつ剤では、神経伝達物質の作用を抑える三環系抗うつ剤や四環系抗うつ剤などに加え、セロトニンの働きを抑えるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)が近年大きな効果を挙げており、これらは抗不安剤としてもよく使われています。

抗精神病剤としては、ハロペリドールやリスペリドン、オランザピン、脳内の血液の流れを改善して脳細胞の代謝を促進する脳循環改善薬などがあり、興奮などの症状を抑制してくれます。一方、痴呆薬としてはアルツハイマー病治療薬であるドネペジルなどがよく使用されています。

睡眠を助ける催眠剤の代表的なものとしてはベンゾジアゼピン系、バルビツール系、非バルビツール系などといった催眠剤があり、ゾピクロン、プロチゾラム、トリアゾラムなどの薬剤がそれぞれの睡眠障害のタイプによって適用されています。また、躁病などに対する気分安定剤としては炭酸リチウムなどが効果を挙げています。

漢方薬としては風邪の症状を抑える葛根湯が有名で、ハーブではセントジョーンズワートの気分安定効果が報告されています。また、サプリメントとしては各種ビタミンを始め、催眠効果のあるメラトニンなどが有名となっています。
ちなみに各障害に対する詳しい薬剤療法については、それぞれの項を参照してください。