カウンセリングは、簡単にいえば、薬を使わない治療法です。
ですから、いま悩んでいる症状がたちどころに直る保証はありません。長引くかもしれませんし、一時的によくなってもまた元の症状が出てくることもあります。
心理療法を用いるカウンセリングの場合に概略は、以下のような手順でカウンセリングが行なわれます。

1)最初にカウンセリングで治療したほうがよいか、効果があるかどうかチェックする「診断面接」をします。
この診断面接は、30分~1時間/回で、3~4回かかることもあります。

2)診断結果をふまえ、カウンセリングでの治療が有効と判断されれば、いよいよ治療の開始です。

3)一例として、「精神分析療法」と「行動療法」(簡単にいえば前者は性格を治療し、後者は間違った行動様式を治療)などの心理療法を行います。
※治療の方法は各種あり、クライエントが抱えている問題の深さや性質により最適と思われる療法が選択されます。

4)個人の状況によりますが、1度/週のカウンセリングで、1年以上はかかると考えておいたほうがよいでしょう。


・カウンセリングすること ・カウンセリングの流れ ・カウンセラーにあたるプロ
・カウンセリング施設へのコンタクト